掌蹠膿疱症 / 異汗性湿疹 / 蚕食性角質融解症

  掌蹠膿疱症
(しょうせき のうほうしょう)
異汗性湿疹
  蚕食性角質融解症
(さんしょくせい かくしつ ゆうかいしょう)
   
   掌蹠膿疱症 (しょうせき のうほうしょう)
 
古い話題ですが波悦子のワイドショーで一躍知れ渡りました。
手のひらや足の裏(特に土踏まず)など角質の厚いところに小水疱や黄白色の膿が点々とできます。これが次第に独特の茶褐色ににごり、かさぶたになります。最終的にカサブタが剥がれ落ちます。そうなると皮膚が紅くなり炎症反応がみられます。かゆみはある場合もない場合もあります。まれに手のひらや足の裏以外の膝などにもみられることがあります。膿はあってもヒトには感染しません。
同時に爪の変形―爪の表面が点状にへこんだり、爪が濁ってがさがさする状態も見られます。
合併症として関節痛(とくに胸や腰)があります。 海外では尋常性乾癬と同じ疾患と考えられています。 
原因は病巣感染(多くは扁桃腺、副鼻腔炎、中耳炎、虫歯や歯槽膿漏など)や歯科金属アレルギーが関係していることもありますが、はっきりした原因はわかっていません。
治療はビタミンD3やステロイド外用剤の外用療法が基本で、病巣感染を抑えるために抗生剤の長期内服のほかビタミンA酸(レチノイド)の内服療法が使われます。その他紫外線療法(PUVA・ナローバンドUVB療法・エキシマレーザー)が有効です。明らかな病巣感染が疑われた場合は扁桃腺の摘出や虫歯、中耳炎の治療でよくなる場合もあります。金属アレルギーのある患者さんでは歯科金属などが原因となっていることがあるため、この治療をすることで軽快することがあります。かゆみがある場合は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を内服します。
患者さんによって異なりますが、平均3-7年で軽快すると言われています。当院ではレチノイドによる治療からPUVAやナローバンドUVBによる治療はもちろん、金属アレルギーの検査や関西医科大学とのタイアップによって扁桃腺との関連を調べる検査もおこない可能な限り対応しています。


     
  皮膚科学会 皮膚科Q&A 掌蹠膿疱症 
   

   異汗性湿疹
 
(平成17年8月3日付 産経新聞・健康欄への依頼原稿を改変したものです)

この病気は汗疱と呼ばれていたように、多汗症と関連するものと思われていました。しかし現在では、手のひらや足の裏に生じる湿疹の一種と考えられています。手のひらや足の裏、指の側面に小さな水疱が見られたり、密集して大きな水疱になることも。かゆみや痛みを感じたり、水疱が出る場合に違和感を覚える場合もあります。2-3週間で皮膚がめくれて治りますが、再発を繰り返します。一般の方や他科の医師は水虫と勘違いされることが多いようです。
原因として、重金属(ニッケル)・食品添加物、防腐剤などによる全身性接触皮膚炎が、手のひらや足の裏に現れたとする考えもあります。水疱が認められず、皮膚がむける乾燥型とも言うべき乾性落屑性異汗症という型もあります。治療はステロイド外用剤、尿素軟膏、重症では短期間のステロイド含有抗ヒスタミン剤の内服も行われます。最後にニッケルのパッチテストは治療方針を決める上で有用です。
これと区別する必要のある病気に蚕食性角質融解症と掌蹠膿疱症があります。
異汗性湿疹は一般的な病気です。しかし、異なる2つの病型が同じ病名で呼ばれ、再発を繰り返し、明快な原因説明が得られないことから、説明と完治を求めてドクターショッピングをされる患者さんは多いようです。

   蚕食性角質融解症 (さんしょくせい かくしつ ゆうかいしょう)
 
皮膚の剥離(皮膚がむけること)やふやけを生じる細菌感染症です。足裏の角質の小さなクレーター状の陥没が特徴です。抗生剤の軟膏を塗れば治ります。


menu
あなたの皮膚科診察室









社団法人
  日本皮膚科学会
紫外線治療器
  VTRAC
爪矯正具
  多摩メディカル
巻き爪矯正技術VHO