こんなときどうする?

  熱傷 (やけど) 虫刺され
       
   熱傷 (やけど)
 
  第一にすることは水道水で痛みがとれるまで充分冷やすことです(高齢者と乳児は注意)。
 
アロエを貼り付けたり馬油やオロナインなどを塗ってはいけません。
 
  服を着ていたら、その上からとにかく何をおいても冷やしてください。
  
仕事を片付けて、後から冷やそうなんて思わないでください。 初期の冷却がその後の経過を決めます。
 
 
まず「やけど」の程度を調べましょう
 
やけどの程度はやけどの深さ(皮膚の状態から判断します)と広さから判断します。
 
やけどの深さの判断基準 
  状態 深さ 判断
1度 赤いだけ 浅い 狭ければある程度
自分でできる
2度 水ぶくれか
それが破れた状態
真皮まで 医師へできるだけ早く
3度 白っぽい 深い 直ぐ救急へ

広さの判断
 
  片手のひらが体表面積の1%とする。

重症の判断
 
  1度で、体表面積の30%以上
 
3度で、体表面積の10%以上
 
  顔の熱傷で、3度もしくは鼻毛が焦げていたり、痰が黒い(気道熱傷)
 
老人・乳児は範囲が狭くても重症化しやすい


軽い熱傷の対処法(1度、狭い範囲の2度熱傷)
 
  できるだけ早く、流水(水道水)で15分以上痛みがなくなるまで充分に冷やす。
 
充分に冷やしてからガーゼを当てる。決してアロエや馬油などを塗らない
 
  衣類を着ているときは、衣類ごと冷やすこと。
 
水疱は破らない。
 
手のひら、足の裏の熱傷は難しい。直ぐに医師へ。
 
1度で広範囲の場合は冷やし過ぎないように。(老人・乳幼児)
冷水で冷やす
化学薬品による熱傷への対応(シャワーで洗い流す)
 
化学薬品による熱傷

  衣服や靴をできるだけ早く取り除く
 
薬品を水道水で20分以上洗い流す
 
  眼に入ったときも、水道水で20分以上洗い流す
 
化学薬品名を救急へ




化学薬品による熱傷への対応(洗面器に水を貯める)


   虫刺され
   
おしっこやアンモニアは無効。
 
市販虫刺され薬は軽症の場合のみ。 軽症かどうかは一般の方はわからないのが普通です。市販薬を3日塗って無効なら直ぐ皮膚科を受診してください。
 
  症状から虫の種類が完全に判るわけではありません。
 
毒針毛以外、虫の種類によって治療内容が変わるわけではありません。
 
痛くても痒くても、できるだけ早くステロイド外用剤をぬり、痒ければ抗ヒスタミン剤を内服します。
 
毒針があればこすらないーセロテープで取れる場合があるが直ぐ医師へ。
 
虫除けスプレーは余り効きません。
 
虫刺されで初期の治療機会を失うと、結節をつくり難治化する場合があるので要注意。
 
蜂刺症で問題になるのは、アナフィラキシーで通常の虫刺されとは異なります。生じた場合はアドレナリン(エピネフリン)の筋注が必要です。
 
 


menu
あなたの皮膚科診察室









社団法人
  日本皮膚科学会
紫外線治療器
  VTRAC
爪矯正具
  多摩メディカル
巻き爪矯正技術VHO